JAIST 北陸先端科学技術大学院大学 マテリアルサイエンス系物質化学領域 松村和明研究室 Weblog

松村和明研究室HOMEへ戻る > Weblog TOP

Mark論文情報2016.8 part2

雑誌の表紙です

論文のグラフィカルアブストラクトです。

卒業生のMinkle Jainさんの論文がpublishされました。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0928493116308128

凍結保護物質として当研究室で研究を続けているカルボキシル化
ポリリジンに、ナノクレイであるラポナイトを添加すると
チキソトロピー性を有するゲルになることを報告しました。
チキソトロピー性とは、力学的負荷をかけると流動する性質で、
カルボキシル化ポリリジンで凍結保存した細胞の懸濁液に
ラポナイトを添加すると、流動性のあるゲルになることを
利用して、インジェクタブルゲルとしての再生医療用途に
応用する事が期待出来ます。
インジェクタブルゲルとは、注射器で打ち込むことの
出来るゲルという意味で、この場合、幹細胞を含んだ
ゲルを、チキソトロピー性を利用して患部に注射すること
ができるわけです。そうすると、体内で再びゲル化して幹細胞
が患部にとどまり、治療が促進されることが期待出来ます。

今年は論文が多くアクセプトされて大変うれしいのですが、
昨年、その分沢山リジェクトされていて、その持ち越しがようやく
出版にこぎ着けているといった状態です。これも約1年も
かかりました。

ただ書き続けるのみです。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.8

富山大学中路先生との共同研究がJournal of Materials Chemistry B
に受理されました。
http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/2016/tb/c6tb01478j#!divAbstract

論文の図です

形状記憶性を有したポリウレタンと両性イオンポリマーの
相互侵入網目を形成し、、細胞やタンパク質
の接着を抑制できる材料として提案しました。
我々はDSCやDMA測定をお手伝いしました。
中路先生、おめでとうございます。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.7 Part2

京都大学、京都工芸繊維大学との共同研究の成果が
Cell Transplantation誌に受理されました。

表紙の写真です

我々が開発した、カルボキシル化ポリリジンを用いたガラス化法で
ヒトのES細胞を効率よく凍結出来ました。
今回の報告はアプリケーションに関するものですが、自分たち
の開発したものが役に立っているということは、とてもうれしい
ことで励みになります。
ヒトのES細胞の実験は大変で、許可された専用の施設でしか
取り扱うことができません。今回は京都大学の再生医科学研究所
で実験を行いました。
実験が終了すると、速やかにES細胞は返還しないといけません。
困ったことに、論文の査読で追加実験を要求されても出来ません
でした。
なんとかそれでも受理して頂けたので良かったです。
この論文もアクセプトまで半年以上かかってしまいました。


JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.7

D3のSana Ahmedさんの論文がNanoscale誌に受理されました。

Enhanced Protein Internalization and Efficient Endosomal Escape Using Polyampholyte-Modified Liposomes and Freeze Concentration

論文のGAです。

細胞質内へのタンパク質の送達手法の提案です。溶液を凍らせた際に
氷晶が溶質を排除しながら成長していくため、残存溶液中の溶質の
濃度が高まるという、凍結濃縮という現象があります。ジュースを
凍らせると、透明な氷の部分と濃い溶液の部分に分かれるあれです。
細胞は、氷の結晶を避けて残存溶液部分に存在します。
従って、細胞は濃縮された相に存在するため、そこに必要なタンパク
質も濃縮されるため、細胞膜付近に集積します。タンパク質を、
細胞膜と親和性の高いキャリアと複合しておくことで、解凍後の細胞
の能動な取り込みを促進することで、送達効率を高めることに成功し
ました。
さらに、両性電解質高分子を固定化しておくことで、エンドソームか
らの脱出も起こり、取り込んだタンパクが消化されずに細胞質内にき
ちんと送達出来る事を示しました。今後は遺伝子導入などにも利用
出来ると期待されます。

今回の論文は提出してから採択が決定するまで、8ヶ月もかかり
ました。私の経験上最も苦労した論文の一つです。
論文を雑誌に提出すると、まず編集者が査読に回す価値がある
かどうかを判断し、ここで落とされる場合があります。査読に
回った場合、査読は複数の同業の研究者が行いますが、やはり
ここで落とされる場合と、修正を依頼される場合があります。
文句なしに受理ということは滅多にありません。

今回は追加実験と、Introductionを含めて大幅な書き直しを
要求されました。いつもこの修正と査読者への回答というのは
神経を使う大変な作業ですが、今回は修正のおかげで自分でも
内容がだいぶ良くなったように感じました。
よい査読というのは論文の質を高めてくれるのですね。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

MarkWBC2016 in Montreal

ロゴです

4年に1回オリンピックイヤーに開催される
World Biomaterials Congress 2016
に参加してきました。今回は学生4人
(Robin, Sakaguchi, Sana, Monika)をつれての参加で、
発表件数は8件、私も口頭発表しました。
カナダのモントリオールで5/17-22の日程で開かれました。
4年に1回の世界大会という事もあって、世界中から著名な
研究者が多数集まり、大変規模の大きな学会でした。
興味深い発表も多数あり、勉強になりました。
Lunch and Learningという、有名な教授を
囲んで食事をしながら研究に関してDiscussionするという
緊張感にあふれたセッションにも参加しました。


食事中です
ちょうどMcGill大でポスドクをしていた海老谷研出身の
Dr. Hemant(右前)と会ってきました。


風景です

モントリオールは北米のパリと呼ばれるだけあって、街並みが
ヨーロッパみたいで美しい所でした。

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報2016.5.

松村研の論文がACS Biomaterials Science & Engineering誌に
掲載受理されました。
カルボキシル化ポリリジンの氷晶形成抑制効果を利用した、
細胞シートの新しい凍結手法の提案です。
2012年度に採択されたキヤノン財団の研究成果の一つです。
ようやく論文になりました。研究補助員の河本さんが中心となって
実験をしてくれました。
お疲れ様でした。


論文の図です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

Mark論文情報

D3のRobin Rajan君の論文が、ACSのBiomacromoleculesに掲載受理
されました。
両性電解質高分子と双性イオン高分子の凍結保護作用を比較し、
そのメカニズムの一部をを明らかにしました。
凍結時の氷晶の形成抑制が重要であるだけでなく、
細胞膜との親和性が高い高分子ほど凍結時のダメージを
軽減できる事がわかりました。また、疎水性部位を導入することで
より細胞膜と親和性を向上させる事が可能で、氷晶の形成抑制効果も
高まることがわかりました。
この研究により、さらに高効率の凍結保護剤の分子設計につながる
ことが期待出来ます。

論文の図です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

MarkPhinさんの論文がJ Polym Sci Part Aに掲載されました

Wichchulada Chimpibulさん(Phinさん)(D3)の論文が
Journal of Polymer Science Part A Polymer Chemistry
に掲載されました。
デキストランを過ヨウ素酸で酸化したアルデヒドデキストランが
アミンとの反応によって主鎖分解を起こすことを突き止めました。
この手法により、簡易な反応で生体内分解性の多糖類を作ること
が出来ます。



Phinさんの論文のGAです

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

MarkMinkle Jainさんの論文がJBMRに掲載されました。

Minkle Jain (D3)さんの論文が、米国バイオマテリアル学会の
機関誌であるJournal of Biomedical Materials Research PartA
に掲載されました。
両性電解質高分子とナノクレイのコンポジットゲルに化学架橋
を施すことで強度と細胞接着性の制御を行いました。
細胞と混合して患部に移植した後にゲル化する、インジェクタブル
ゲルとしての応用が期待できます。

論文のGAです。


JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)

MarkPhinさん(D3)がposter awardを受賞

D3のPhinさんがバンコクで行われたPACCON2016
(Pure and Applied Chemistry International Conference 2016)
でBest Poster Awardを受賞しました。
おめでとうございます!

過ヨウ素酸酸化により、アルデヒド基を導入したデキストランの
生体内分解反応を調べ、アミノ基との反応によるシッフ塩基形成
がトリガーとなり、メイラード反応を介して主鎖が分解するという
機序を明らかにしました。さらに、セルロースにおいても同様の
機序により分解性を付与することに成功しました。
生分解性セルロースとしてバイオマテリアル用途への応用が期待
出来ます。



Phinさんの写真です

JAIST 国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室ウェブログのブログピープルランキングバナーです
国立北陸先端科学技術大学院大学 松村和明研究室のホームページです。
http://matsu-lab.info
Research | comments (0) | trackbacks (0)
SEARCH

このサイト内を検索

CALENDAR
<< November 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
PROFILE
OTHER


あなたのレビュー!

page top