Reviews and books

  1. Robin Rajan, Kazuaki Matsumura. Development and Application of Cryoprotectants (Chapter 18), In Survival Strategies in Extreme Cold and Desiccation. Eds Mari Iwaya-Inoue, Minoru Sakurai, Matsuo Uemura, Springer, p339-354 (2018)
  2. 松村和明 細胞へのダメージの少ない凍結・解凍手順 「動物細胞培養・自動化におけるトラブル発生原因と対策8章2節」(株)技術情報協会 pp366-371 (2017)
  3. 松村和明、玄 丞烋、.生分解性多糖類ハイドロゲルの医療応用、医療用バイオマテリアルの研究開発、監修:青柳隆夫、シーエムシー出版、pp147-156. (2017)
  4. Kazuaki Matsumura, Robin Rajan, Sana Ahmed, Minkle Jain. Medical Application of Polyampholytes. In Biopolymers for Medical Applications. Ed. Juan M. Ruso, CRC Press, pp 164-181. (2017).
  5. 松村和明、玄 丞烋. 緑茶カテキンの再生医療への応用, ポリフェノール:機能性成分研究開発の最新動向、監修:波多野力、下田博司、シーエムシー出版、pp240-247. (2016).
  6. 松村和明 新規凍結保護物質の合成とその応用 低温生物工学会誌、62, 11-15, (2016)
  7. Kazuaki Matsumura, Minkle Jain, Rajan Robin, Cell and Materials Interface in Cryobiology and Cryoprotection. In Cell and Material Interface: Advances in Tissue Engineering, Biosensor, Implant, and Imaging Technologies, Ed. Nihal Engin Vrana, CRC Press, pp163-186. (2015)
  8. 松村和明:凍結保護作用を持つ高分子の開発とそのバイオメディカル応用、バイオマテリアル-生体材料-, 33-1, pp.21-24, (2015)
  9. 松村和明:ゲルテクノロジーハンドブック 第4章 第8節 細胞凍結保護機能を持つ両性電解質ヒドロゲル pp698-702 (2014) NTS
  10. 松村和明:再生医療における臨床研究と製品開発 第2章 第2節[4] 細胞の凍結・解凍方法 pp133-137 (2013)技術情報協会
  11. 玄 丞烋 、松村和明:不凍ポリアミノ酸を用いたヒトiPS細胞の凍結保存、医学の歩み 238(13) 1212-1214, (2011) 医歯薬出版
  12. 松村和明、玄 丞烋 :不凍ポリアミノ酸の再生医療と食品工業への展開 Bio Industry 28(5) 35-42, (2011) シーエムシー出版
  13. 松村和明、玄 丞烋:iPS/ES細胞の大規模保存システムの開発。再生医療、9 :3; 349-354. (2010) メディカルレビュー社

Awards

平成20年
第35回臓器保存生物医学会 会長賞
平成21年
京都大学再生医科学研究所 研究奨励賞(長石賞)
平成22年
日本低温医学会 ゴールドメダル賞
平成26年
日本バイオマテリアル学会 科学奨励賞
平成27年
日本低温生物工学会 科学奨励賞

学生の受賞

  • 袁喜達 優秀ポスター賞 平成30年度北陸地区高分子若手研究会 2018/11/16
  • Monika Patel 優秀発表賞 第65回高分子学会北陸支部研究発表会 2016/11/13
  • Sana Ahmed Best Poster Award 9th International Conference on Fiber and Polymer Biotechnology (IFPB2016) 2016/9/9
  • Punnida Nonsuwan Best Poster Award 9th International Conference on Fiber and Polymer Biotechnology (IFPB2016) 2016/9/9
  • Wichchulada Chimpibul Best Poster Award Pure and Applied Chemistry International Conference 2016 2016/2/12
Back to top
menu